2019年モデル ダッジ チャレンジャー RT シェイカー‼️その全貌は⁉️

2019.02.11

ようやく日本にも続々入庫してきた 2019年モデル ダッジ チャレンジャー。

オーダー開始が9月末~10月初旬でしたから、約4か月ほどかかりましたね。
通常のファクトリーオーダーの納期が60日スケジュールですから、年度が替わると、やはり少し遅くなります。さすがは北米。

 

北米側の問題で、当社がオーダーしていたダッジ チャレンジャーがいったんキャンセルされるなど、年末はかなりショッキングな問題もありましたが、何とか、万全を期して2019年モデルが入庫してきました。

これからはしばらく輸入規制の関係で、ファクトリーオーダーが難しいことが予想されますが、スポットで、オプションが充実したお値打ち車両をご紹介していきたいと思います。

 

シェイカーがオプションとなった2019年モデル ダッジ チャレンジャー

▼オプションとなった装備

ドライバーズコンビニエンスグループ(こちらRTには標準装備でした)

ブラインドスポットモニター
同色ミラー
スマートキー
HIDヘッドライト
パークセンサー

 

プラスパッケージ(こちらもRTには標準装備、かなり重要なオプションです)

アルカンターラコンビレザーシート
ドアトリムアンビエントライト
ハンドルヒーター
ダッジパフォーマンスページ
8,4インチモニター
20インチサテンカーボンペイントホイール
シートヒーター、クーラー
シャークアンテナ
6スピーカー

 

シェイカーパッケージ

MOPERシェイカーエアーインテーク
シェイカーフードデカール
シェイカーフード
ブラックガスドア

 

ホワイトゲージ
シェイカーエンブレム
ブラックグリルベゼル
リアスポイラー

 

ブラックトップパッケージ

ブラックガスドア
グロスブラック クラスタートリム
チャレンジャーブラックトップグリルバッジ
RTブラックトップバッジ
HEMIフェンダーバッジ
ブラックグリルベゼル
ブラックリアスポイラー
20インチブラックノイズペイントホイール


パフォーマンスハンドリンググループ

4ピストンディスクブレーキ
ブラックブレーキキャリパー
パフォーマンスステアリング
パフォーマンスサスペンション
パフォーマンスタイヤ
20インチブラックノイズペイントホイール
ステアリングホイールマウントシフトコントロール
ダッジパフォーマンスページ

 

もともと2018年モデルまではシェイカーというグレードが存在していました。
その中で、RTとスキャットパックが選択できました。

しかしながら2019年モデルからは、シェイカーというグレードが存在しなくなり、RT・スキャットパックのオプションとなりました。

さらにはドライバーズコンビニエンスグループ、プラスパッケージもオプションとなりまして、RT自体が、装備がシンプルになり、オプションが多くなったということになります。

その他従来通りのテクノロジーグループやサンルーフサウンドグループなどもオプションとなりました。

 

つい先月まで、カナダのWEBサイトでは、パフォーマンスハンドリンググループが、ドライバーズコンビニエンスグループ、プラスパッケージを装着すると装備できなかったのですが、できることが判明しましたのでほっと一安心です。

 

必要なオプションのみを備えた、お値打ち&スタイリッシュな RTシェイカーのご案内

今回、何とかスポットでRTシェイカーが2台、スキャットパックが1台、ファクトリーオーダーを入れていたRTのMTが1台んぼ合計4台を仕入れる事が出来ました。

その中でもお勧めのシェイカーをご紹介いたします。

 

2019年モデル ダッジ チャレンジャー RTシェイカー

エクステリア/ブライトホワイト・ピッチブラック
インテリア/ブラック・アルカンターラレザーシート

 

▼主要装備

エンジン/5.7L HEMI VVT V8
トランスミッション/8 speed automatic
キーレスゴー プッシュスタート
アンチロックブレーキシステム(ABS)
トラクションコントロール
アクティブエギゾースト(可変マフラー)
スポーツサスペンション
オートマテックヘッドランプ
スーパートラックパック
パークセンサー

 

▼オプション装備
シェイカーパッケージ
ドライバーズコンビニエンスパッケージ
プラスパッケージ

 

プラスパッケージを選択することにより、8.4インチモニターとなります。バックモニター、アップルカープレイも装備済み。

シートヒーター&クーラー、ハンドルヒーターも装備されます。

 

パフォーマンスハンドリンググループ

こちらがユーザー様が付けたいとおっしゃられる装備です。理由は1つ。ブレンボブレーキが装備されるからです。
それに合わせてスリットローターに変更され、パフォーマンスが向上されております。

ホイールも2019年モデルより、NEWデザインに変更されました。高級感あるデザインです。

ノーマルでも十分な迫力を放っている1台。

 

なにより2019年モデルより、フロントフェイスの形状が、392モデル スキャットパックと同様になりました。これはかなり2018年モデルと比べ違う点です。
シェイカーの場合、フロントリップが、SRTと同様になりました。

 

ヘッドライトの内側には吸気穴が。これも2019年モデルの変更点。かなりかっこいいです!

 

 

 

 

 

 

限定2台のお値打ちプライス❗️
ブラック・ホワイト各1台づつのみ。

車両本体価格 ¥5,380,000-

是非たくさんのお問合せお待ちしております!

 

お問い合わせ、お待ちしております。

 

LINEでお問い合わせは画像をタップして、トークよりお問い合わせください。

 

 

 

 

 

◀ BACK