2019年モデル タンドラ グレード カラーの仕様変更は?

2018.09.13

 

ふと、アメリカのTOYOTAサイトを見てみると、2019年モデルが追加されておりました!
まだデリバリーは先のようですが、WEBサイトを見ながらわかりやすく解説していきましょう。

 

 

2019年モデル タンドラ グレードについて

基本的にグレードの変更はなく、SR、SR5、LIMITED、PLATINUM,1794EDITIONそして2018年モデルには廃止されておりました、TRD PROが復活しました!!

 

 

TRD PROについては後で解説しますが、その他にほぼ変更はありません。

 

ちなみにこちらが2018年モデル。

 

日本に多く輸入されるのはSR51794エディションでしょう。さらにSR5のオプショングレード、TRD OFFROADTRD SPORTSも健在です。

 

 

2019年モデル タンドラ カラーについて

基本カラー設定は、

〇SUPER WHITE(ホワイト)

〇MIDNIGHT BLASCK METALLIC(ブラック)

〇CAVARY BLUE(ブルー)

〇MAGNETIC GRAY METLLIC(グレー)

(2019年モデルカラーバリエーション)

 

 

ここまでは2018年モデルと同様ですが TRD OFFROAD、 TRD SPORTS専用カラーの「QUICK SAND、SILVER METALLIC、BLAZING BLUE PEAL」がなくなり、CEMENTが標準カラーに追加されました。

 

ということは、人気のCEMENTカラーがSR-5にも装備されたというわけです。これは嬉しいですね。

▼CEMENTカラー

 

しかし、QUICK SANDがなくなるのは少し寂しいですね。アメ車っぽくいいカラーでした。

▼QUINCK SAND カラー

 

 

タンドラ TRD PRO について

皆様気にされております、TRD PROの内容ですが、カラーはホワイト・ブルー・ブラックの3種類となります。

 

タンドラ TRD PRO エクステリア

 

 

TRD PROらしい、洗練されたスタイリングとなっております。

〇TOYOTA エンブレムグリル

〇ボンネットスコープ

〇TRD18インチ フォージドホイール

〇TRDデュアルエギゾースト

〇LEDヘッドライト

〇TRDサスペンション

 

タンドラ TRD PRO インテリア

内装も、スポーティ&ラグジュアリーですね。

〇サンルーフ

〇専用レザーシート

〇セーフティセンス

〇JBLサウンドシステム

 

 

タンドラ TRD PROの価格は、1794エディションと同価格くらいの見込みですね。

是非入庫を楽しみにしててください。

 

もちろん、タンドラ 2019年モデルもオーダー受付開始いたします。価格、納期などお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

LINEでお問い合わせは画像をタップして、トークよりお問い合わせください。

 

 

◀ BACK